ポラリティセラピーについて

このセラピーの創始者は、オーストリアに生まれ、アメリカに移住した ランドルフ・ストーン博士です。

シカゴでオステオパシーやカイロプラクティック、自然療法などの治療にあたっていたDr.ストーンは、

アーユルヴェーダやチベット医学、ヨガなど、東西を問わず様々な療法の研究をし、このセラピーを

体系づけていきました。

 

ポラリティセラピーという名前は、極性(polarity)という言葉からきています。

地球に北極と南極があるように、私たちにも極性が生じています。

この極性を利用して、生命エネルギーの流れを整えることにより、心身の健康を目指す方法です。

 

また極性と共に大切にしているのが5つのエレメント(空・風・火・水・土)をバランスすることです。

例えば「空」。  自分の中に空間がなくなっていることをイメージしてみてください。

余裕がなくて苦しいですよね。空間がなければ、風も火も動くこと出来ません。つまりアイデアも浮かばないし、行動に移すこともできません。無理して動いてみても空回り・・・。

空がアンバランスな時は、よい睡眠も取れていなかったりします。

こんな時はまずゆったりと空間をあけ、心地よい風を通してあげたいですね。

セッションでは「空」に対応する関節などにタッチし、「空」を取り戻す~ というようなことをしていきます。(各エレメントの説明は最後)

 

ポラリティセラピーでは全てはエネルギーから成り立っていると考えています。

体も思考も感情も全てエネルギーです。

このエネルギーに滞りがあると、それは心身の不調となって現れます。

痛みやコリ、疲労感といった体の不調も、悲しみや怒りといった感情も、全てはエネルギーが創り出しているのです。

エネルギーは流れ続けるのが自然な姿。

そこにじっと止まっているのではなく、それに気づき、何もジャッジせず、流れを取り戻す。

そこから動きが始まっていきます。

 

セッションは、お洋服のままベッドに横になっていただいて行うエネルギーワークとなります。    タッチしたり、揺らしたり、ストレッチをしたりしながら、極性、そしてエレメントに働きかけていきます。

 

エネルギーの流れとバランスを取り戻し、本来の自分を輝かせていく。

このセラピーを、ぜひみなさまの人生にお役立てください。 

 

 

 

 

ポラリティセラピーにおける5エレメント

<空> 空間。エネルギーはスペースがあってはじめて動くことができます。

    ここから全てが始まります。

    空のバランスがとれている時は、静かで調和がとれている感覚、のびやかさ、自由、安らぎを

    感じるでしょう。

    逆にバランスが崩れている時は、余裕がなく、自己表現することが困難であったり、深い悲し

    みを感じているかもしれません。

    空エレメントが関連する身体の部位は、喉や関節、体腔などです。

 

風> 軽やかで素早い動きをもったエレメントです。

    バランスがとれている時は、温かい慈愛に満ちた感覚になります。また変化を楽しんだり、

    コミュニケーションを楽しんだりすることができるでしょう。

    バランスが崩れている時は、イライラしたり、神経過敏になったり、考えすぎて身動きが

    とれなくなったりします。

    このエレメントの身体の位置は胸、ハートの部分です。

    肩、肺、腎臓、そして肌、神経システム、免疫システムも関係します。

        

<火> 火は熱や力をもっています。何かを動かしていく時のエネルギーになります。

    バランスがよいと強い意志をもって物事を進めていくことができ、情熱や集中力に満ちて

    います。

    バランスが崩れると怒りっぽくなったり、批判的になったり、無気力になったりします。

    感情では怒りと、許しが関連します。

    身体の部位としては、目、消化器系、大腿などが関連します。

 

<水> 水は溶かし、流れ、受け入れます。女性性のエネルギーです。

    無意識の感情や受容、創造、浄化、育むことに関連します。

    バランスがとれている時は、ありのままを受容し、クリエイティブで、自分の感覚にも

    すぐれています。

    バランスが崩れている時は、依存心が強くなったり、感情に流されやすくなったり、自分の

    感覚に鈍感になったり、孤独感を感じやすくなります。

    身体の部位としては、胸部、骨盤、生殖器系、内分泌系、リンパ系などです。

 

<地>   最後のエレメントである地で、エネルギーは完全に物質化します。

    密度が濃く、重いエネルギーで 安定感があります。

    バランスがとれている時は安定感、安心感があり、地に足がついて現実をしっかりと生きて

    いる状態です。着実に粘り強く物事を進めていくことができます。

    バランスが崩れている時には、不安感や恐怖を感じたり、頑固になったりします。

    関連する身体の部位は首、結腸、膝、骨格などです。

 

  

 

 

≪お世話になっているスクール・協会≫

 

 ・POLARITY THERAPY SCHOOL OF JAPAN

 ・日本ポラリティセラピーサポート協会

      

  こちらにもポラリティセラピーの詳しい説明があります。どうぞご覧ください。