見届ける大切さ

 

セッションをしていると そこで起きていることを

「見届ける」ということの大切さを感じます。

 

そこで起きていることの輪郭がまだぼんやりとしていて、

全てを理解することはできなくても、ありのままをしっかりと見届ける。

 

するとそれが少しずつしっかりと形をもってくる。

イメージと現実の狭間で起きている事柄が、現実の世界の中で定着していく。

 

それは子供が「お母さん、見て!逆上がりが出来たよ!」と

言っている感じに似ています。

 

本当に出来ているんだけど、他者に承認してもらうことによって

それがよりリアルになる。

夢じゃなかったよね~ なんて 確認しているのかもしれません。

 

まだ不確かなところから、確実なものにしていく。

 

 

見届けるというのは様々な場面で、案外とても大切な行為のような気がします。