絵本の世界

 

昨日は地域の絵本の読み聞かせボランティアに行ってきました。

3か月の赤ちゃんたちに読み聞かせしてきましたよ。かわいい!

 

この活動に参加するようになってから、何年も手にしていなかった絵本に

触れ合う機会が増えました。

子供の頃は絵本や童話が大好きで、私の場合は、現実逃避のように(笑)

その世界に入り込んでいました。

その世界が救いでもありました。

 

子供の頃は自由に時空を越えられるもの。

なのに大人になると多くの人がそれを忘れてしまっています。

過去や未来、そして違う次元。

最近はその扉がどんどん開いてきていると言われていますが、

本当にそんな気がします。

 

過去の記憶を癒すと現在の自分も癒されます。

それは幼少期であったり、過去世であったり…。

そして例えばそれが戦争体験など、多くの人が経験しているようなトラウマであれば

集合意識さえも少しずつ変化していくような気がするのです。

全ては繋がり、同時に起こっているのだな と感じます。

 

絵本の話に戻りますね。

絵本は未知の世界に誘ってくれたり、想像力を高めてくれたり、疑似体験したり、

ものの見方や生きる知恵を教えてくれる、とっても素敵な宝物がぎっしり詰まっています。

最初に出会う哲学書みたいだな~と思います。

文字が読めるようになってきた子供でも、読み聞かせをしてあげることにより、

文字を追うのではなく、その世界にしっかりと入っていける と講習で教えていただきました。

お子様がいらっしゃるお母さん(もちろんお父さんも!)、どうぞ読み聞かせてあげてくださいね。

 

そして大人になっておられる皆様も、久し振りに絵本を手にとって、

いろんな世界を自由に飛び回る感覚を思い出してみませんか?