光に目を向ける

 

まん丸のリンゴと、一口かじったリンゴを見ると、

人はかじったリンゴに目がいく

と 心理学のお話でよく例に出されます。

人は欠けている部分につい目がいくもの。

それは異常を察知して身を守る本能であったり、

何かに気付くチャンスであったり、よい面もあるのですが、

でもそこにフォーカスしていると、そこがどんどん自分の中で

強化され、大きくなってしまいます。

 

セラピーではその欠けた部分を尊重しますが、

フォーカスするのはその部分ではありません。

目を向けるのはもっと本質の部分。

コアな部分の輝きです。

その輝きに繋がれば、欠けた部分も癒されていきます。

 

 

セラピーではそれが自然に出来るのに、自分のこととなると

なかなかそうもいきません…。

辛いニュースを見ると胸が痛くなり、悲しみや無力感が

どんどん大きくなっていきます。

でもそこからは何も生まれてきません。

目を背けるということではなく、それでも光に目を向ける。

光のもつ力が発揮できるように。

 

 

そして、私も地球の小さな小さな細胞の一つと思えば、

自分自身がエネルギーに満ちていることが、地球の免疫力を

高めるのに少しでも役立つ かも?

って気持ちで、気を満たしてみます。

満たされているからこそ出来ることもあるはずですね。