体は覚えています

 

エネルギーの流れが滞っている時、それは過去の病気や怪我、

その時のショックや、また同じことが起こるのではないか…

という怖れが原因になっていることがあります。

 

病気や怪我は治ると、その後は思い出すこともなかったりするのですが、

体は意外と記憶しています。

その痛みやショックを覚えていたり、無意識にその箇所をかばうような

動きをしていて、エネルギーの流れがいびつになります。

 

それが長い間続いていると、気付かないうちに体に負担をかけ、

歩き方、体の歪み、考え方の癖にも表れてきます

 

そのアンバランスに目を向けてあげた時、体って喜ぶのですよ。

やっと気付いてくれたね~ って。


体って賢くって、けなげ。


そんな場面に出会うと、よくがんばってきたね

って、涙ぐましく、愛おしくなります。

 

エネルギー的な部分まで含めて「治癒」が意識されるようになると

健康がもっと維持されやすくなるのになぁと思います。